着物に似合う髪形はTPOに合わせて相談を

正式なヘアスタイル

着物に似合う髪型も時代の変遷やライフスタイルの変化、女性のヘアスタイルのトレンドなどに応じて変化を遂げています。 日本に伝統的に伝わるヘアスタイルとして今でも継承されている髪型の1つに、文金高島田があります。 白無垢の花嫁のヘアスタイルとして有名で、高く優美に結い上げる方法です。 高い技術が必要なため、一般的な美容サロンでは難しく花嫁専門の美容師や、日本髪専門店などで施術してもらう必要があります。 着物を着た際のオーソドックスなヘアスタイルは、髪が肩などにかからないようにまとめることです。 もっとも、常に髪を結っていた昔の女性と異なり、現代の女性はショートカットなどの方も少なくありません。 そのため七五三や成人式など振袖をまとう機会に向けて、その時期だけ特別に髪を伸ばすという方も多くなっています。

よりカジュアルなヘアスタイル

髪が短いと着物に似合わないのではなく、現代ではベリーショートの方でも美しく着こなせるヘアスタイルも考案されています。 また、髪が長い方も昔のようなキッチリとまとめあげる方法だけでなく、ゆるふわにまとめたり、少し崩すように髪を散らしたり、編み込みなど凝ったスタイルにする現代調の和風まとめ髪も幅広く提案されています。 浴衣や振袖、羽織、袴といった風情に合えば、カジュアルでキュートなスタイルでも問題はありません。 ただし、TPOをわきまえることが大切なので、式典などに崩れたスタイルの髪型で臨むようなことは避けたいものです。



最新のお知らせ

  • 登録されているお知らせはございません。

ランキング


最近の投稿