帯の種類とは

冠婚葬祭につかわれる帯は袋帯という帯といい全てが太いままの帯を使用します。次に紹介されているのが、歴史は最も浅いのですが、現在では最も主流になっている帯で名古屋帯があります。締めやすさもあり、近年では主流となっています。

名古屋帯ですと結び目がドアノブに引っかかったりと言ったことは椅子等の背もたれにかけづらいといったときには、半幅帯を選択することもあるようです。
浴衣でおなじみですが、簡単に結ぶことが出来、エプロン等も占めやすく気安さが特徴的です。

また浴衣の季節にはポリエステル100%の帯等も流行しているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事