黒留袖はセルフで着付ける事ができるの?

黒留袖も着物の一種ですから通常の着物と同じようにセルフで着付けることもできますが、通常の着物と着付けと違う点が幾つかありますので、セルフで着付けるなら着付けのポイントについて知っておきましょう。

黒留袖には比翼と呼ばれる重ね衿が付いているため、羽織る前に重ね衿も折って2種類の衿が見えるように調節しましょう。

紋という左右対称の模様が付いているため、左右対称に見えるように着付ける必要があり、特に背中心を合わせるときには紋の位置も意識しなければなりませんし、背中側の紋が帯に被らないように気をつけなければなりません。

留袖は裾周りに柄が付いているという特徴があるため、裾合わせするときに綺麗に柄が見えるように合わせる必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。